生活習慣が体調不良の原因になる

問題点を改善しよう

夜多くまで起きて、朝早く起きている毎日では睡眠不足になります。
気づかないうちに身体に疲れが蓄積されて、近いうちに病気になるでしょう。
身体の状態が悪くなると、髪の毛も傷みます。
悪いことばかりが続くので、悪い生活習慣だと思ったら改善してください。
仕事で帰りが遅くなるのは仕方がないので、無駄に夜遅くまで起きないことをまずは意識しましょう。

帰宅してすぐ食事を済ませてお風呂に入れば、睡眠時間を少しは長く確保できると思います。
睡眠の質を高めることも重要です。
リラックスしている状態だと質の良い睡眠になり、疲れを解消できると言われています。
ハーブティーを寝る前に飲んだり、ゆったりをした音楽を聴くのがおすすめです。

タバコやお酒は控えよう

ホルモンバランスが乱れる原因として、タバコやアルコールが挙げられます。
特にタバコを吸っていると、髪の毛がすぐ傷むので控えてください。
適度のアルコールなら、就寝前に飲むことで安眠効果を得られます。
飲みすぎない分には良いでしょう。
また毎日アルコールを摂取するのではなく、時々摂取するのもおすすめです。

何もかもを禁止にすることは、身体にストレスを与えるのであまりおすすめできません。
これまでにアルコールを飲んでいたりタバコを吸ったりする習慣があった人は、少しずつ控えてください。
ストレスを与えないように、工夫しながらタバコなどの習慣を断ち切りましょう。
すると髪の毛の状態が、だんだん良くなっていくと思います。


この記事をシェアする