髪の毛を守る方法を調べよう

髪の毛とホルモンの関係

人間の体内に存在するホルモンが乱れると、髪の毛がボロボロになってしまいます。
ストレスを感じている時に、ホルモンが乱れやすいです。
髪の毛が傷んでいても、再びホルモンが分泌される身体になれば綺麗な髪の毛に戻すことができるので安心してください。
ストレスを感じていたら、すぐに発散する意識を持ってください。

生きていれば、何かしらのストレスを誰でも受けます。
発散しないで溜め込んでいると、髪の毛の調子が悪くなって傷みます。
定期的に、ストレス解消ができるように趣味に取り組んでください。
好きなことをしていると、気分が晴れて嫌なことやストレスを忘れることができます。
仕事のことを忘れて、趣味に没頭する日を作ってください。

病気になっている時は乱れやすい

風邪を引いている時は、身体のいろんな機能が低下します。
ですからホルモンを生成することができなくなり、次第に分泌量が少なくなります。
髪の毛が傷みやすくなるので、病気にならないよう予防しましょう。
風邪を引いて髪の毛が傷むと、元の綺麗な状態に戻るまで時間がかかります。
できれば髪の毛が傷まないように、健康管理に十分気をつけて生活を送っていた方が良いです。

冬の寒い時期に風邪を引く人が多いので、手洗いうがいなど基本的なことを忘れないでください。
また人がたくさんいるところは、ウイルスが蔓延している可能性が高いです。
そのようなところは危険なので、近づかない意識を持ってください。
必要に応じてマスクなどをして、対策をしましょう。


この記事をシェアする